Map  |  About Place M
RED Photo Gallery

« 前の展示 | 次の展示 »

2019.8.19-8.25

中国摄影六人展

人境·暗語

キュレーター:唐浩武

中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
潘君傑「近く・から」
中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
杨学群「ここに参上」
中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
袁徐庆「空室」
中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
董国咏「廃園」
中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
陆伟杰「チェルノブイリ」
中国摄影六人展 キュレーター:唐浩武 [人境·暗語]
周伟「造景」


人境•暗语——中国摄影六人展
前 言
唐浩武

 1600多年前,当陶渊明端着酒杯醉吟“结庐在人境,而无车马喧”的时候,我断定他一定是既自得又落寞。而当今社会,我们试图在水泥森林里寻找"心远地自偏"的人境时,却总被一股看不见的力量所摄住,“地偏心不远”往往是人们无法挣脱的魔咒。本应与人境相对的风景,也往往被人为地选择和改造,成为人们消费对象,成为人们逃离喧闹人境的想像物:所谓的“诗与远方”。但真相又是如何呢?  “人境•暗语”摄影展的摄影师们,他们行走在人境与风景之间,以非虚构摄影的方式,构建了人、景、物三者相处的场域,在摄影叙事和意像隐喻的转换中,摄影师们各自提出了不同的问题和答案。当然,退出摄影给定的预设,我们还能提出这样的问题:这个社会需要摄影吗?摄影在社会演进中还能扮演怎样的角色?

20190630

人境・暗語――中国撮影写真六人展
序 言
唐浩武

 1600年前の陶淵明が盃を挙げて酒に酔いながら、「盧を結びて人境にあり、而も車馬の喧しきなし」の句を詠んだ時は、自得で淋しいと感じていたに違いないでしょう。昨今の社会においては、セメントの森で「心遠ければ地自ずから偏なり」という人境を探そうとしても、目に見えないある種の力に抑えられ、「地が偏なれども心は遠くない」ことこそ人々が逃れない呪いである。人境に相応するはずの風景も常に人為的に選択されて改造され、人々の消費の対象となり、また人々が喧しい人境から逃げるための想像物になる:いわゆる「詩と彼方」。但し、真相はどうなるのだろうか?  「人境・暗語」撮影写真展のカメラマンらは、人境と風景の間を歩き回り、非虚構的撮影方法を用いて人・景・物の三者が付き合う場を構築し、撮影の描写と隠喩的イメージとの転換の中で、それぞれに独自な問いと答えを出した。無論、撮影によって設定された条件を除けば、次のような質問もできよう:今の社会に撮影は必要とされるのだろうか?社会の発展過程において、撮影はどのような役を演じられるのだろうか?

20190630

ミニギャラリー Mini Gallery

同上

© 2008 Place M